墓じまい後の遺骨の供養で樹木葬がおすすめの理由!メリット・費用など

近年、「墓じまい」という言葉を耳にする機会が増えています。少子高齢化や都市化の進展に伴い、先祖代々の墓を管理し続けることが難しくなってきた現代社会において、墓じまいは一つの選択肢として注目されています。

しかし、墓じまいを行った後の遺骨供養については、悩む方も多いのではないでしょうか。そんな中で、自然と一体となる「樹木葬」が供養方法として人気を集めています。

この記事では、樹木葬のメリットや費用、そして樹木葬以外の墓じまい後の遺骨供養について解説します。「墓じまいを検討していて樹木葬に興味がある」という方はぜひご覧ください。

樹木葬とは?

従来の墓石を用いた埋葬方法とは異なり、遺骨を自然環境の中で供養する新しい形式が樹木葬です。遺骨を土に還し、その上や周辺に樹木を植えるのが一般的です。樹木が成長する過程で、遺骨が土壌の一部となり、自然の循環の中に取り込まれます。

そのため、樹木葬は環境に優しく、自然との共生を感じることができる方法とされています。樹木葬は、都市部の墓地不足問題の解決策や墓じまい後の遺骨供養としても注目されているのです。

墓じまい後の遺骨の供養で樹木葬がおすすめの理由

墓じまい後の遺骨の供養で樹木葬がおすすめの理由

墓じまい後の遺骨の供養に置いて樹木葬がおすすめの理由として以下のことが挙げられます。

①管理の手間がなくなる
②承継者が不要

管理の手間がなくなる

従来の墓地では、墓石の清掃や周囲の雑草取り、さらには定期的なメンテナンス等が必要となり、それらの作業は家族や後継者にとって大きな負担となることが多いです。特に遠方に住んでいる場合や高齢で体力が落ちてきた場合には、その負担は一層重く感じられるでしょう。

一方で、樹木葬の場合はそれらの手間がほとんど不要です。遺骨を自然に還し、その上や周辺に樹木を植えるため、墓石のように定期的な清掃やメンテナンスが必要ありません。樹木は自然の一部として成長し、周囲の環境と共生します。

それにより、故人の供養にかかる時間や労力を大幅に削減することができ、家族や後継者の負担を軽減します。

さらに、樹木葬は基本的に管理費用も安価なため、経済的な負担も軽減されます。定期的な管理費や修繕費の支払いがないため、長期的な費用負担を心配することなく、安心して供養を続けることができるでしょう。

以上の理由から、管理の手間が省ける樹木葬は、墓じまい後の遺骨の供養として有効な選択肢となります。

承継者が不要

従来の墓地では、基本的に代々墓を守り続けるために承継者が必要とされます。家族の中で誰が墓を管理するか、次の世代に引き継ぐのかといった問題が発生しますが、現代では、少子化や核家族化の影響で、墓の管理を引き継ぐ人が見つからないケースが増えています。

樹木葬の場合、そのような承継者の問題が生じません。樹木葬は自然の中で遺骨を供養する方法であり、墓石や墓地のような物理的な施設を必要としないため、特定の人が管理を続ける必要がないのです。

そのような理由もあって樹木葬は、現代の価値観やライフスタイルに適応した柔軟な供養方法として、多くの人々に支持されています。



樹木葬の費用相場

樹木葬の費用相場

樹木葬の費用相場は、選択する種類・タイプによって異なります。一つの樹木やモニュメントに複数の遺骨を埋葬する集合埋葬型は、費用は比較的安価です。このタイプの費用相場は10万円から30万円程度になります。

一方、故人や家族の専用区画が設けられる個別埋葬型は、費用が高くなる傾向にあります。個別埋葬型の費用相場は、50万円から100万円程度が一般的です。

それらの費用には、通常、埋葬地の使用料や樹木の管理費用、必要な手続きの費用などが含まれます。樹木葬を選ぶ際には、提供されるサービスの内容や費用の詳細を確認し、希望する供養の形に合ったプランを選ぶことが重要です。


樹木葬以外の墓じまい後の遺骨の供養について

樹木葬以外の墓じまい後の遺骨の供養について

樹木葬以外にも、墓じまい後の遺骨の供養にはさまざまな方法があります。それぞれの方法には特有のメリットと特徴があり、家族の希望や故人の意思に基づいて選ぶことが大切です。

まず、集合墓は、複数の遺骨を一つの場所にまとめて供養する方法です。この形式は、費用が比較的安価であるのが特徴です。

次に、納骨堂は、遺骨を建物内の一部に安置する方法です。納骨堂は、お寺や霊園などに設置されることが多く、遺骨を個別に保管できます。

散骨は、遺骨を粉末状にして海や山などの自然環境に撒く方法です。散骨は、自然への回帰を願う人々に支持されています。海洋散骨や森林散骨など、さまざまな形式があり、特定の場所に縛られずに供養ができるため、自由度が高いのが特徴です。

最後に、手元供養は、遺骨の全部または一部を手元に置いて供養する方法です。故人を身近に感じながら供養できます。手元供養は、いつでも故人を偲ぶことができるため、特に近しい関係にあった人々に選ばれることが多いです。


墓じまい後の遺骨の供養で樹木葬を選択するなら

墓じまい後の遺骨の供養で樹木葬を選択するなら

墓じまい後の遺骨の供養において、樹木葬が注目されています。管理の手間がかからず、承継者が不要というのが主な理由です。

墓じまいを考えていて、遺骨の供養にお悩みであれば樹木葬を検討してみてはいかがでしょうか。

なお樹木葬に興味がございましたら浅草に400年以上続く由緒正しいお寺、桃林寺のガーデニング樹木葬をぜひご検討ください。

おひとりからご家族、さらにはペットと一緒に入れるお墓を提供しており、現代の多様な家族形態やライフスタイルに対応しています。永代供養のため、管理や後継者の心配も不要で、遺骨は桃林寺が責任を持って永続的に管理します。

ぜひ詳細をご覧いただき、興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

桃林寺のガーデニング樹木葬の詳細はこちら

関連記事一覧

関連記事はありません。

フリーダイヤル

資料請求

見学予約